事務職に向けた添付状

~事務職に応募する際の添付状の書き方~

添付状は、決まった一定の書式があるわけではなく自由に書くことが出来ます。決まった書式がないのでどのように書くべきか迷うところですが、事務職には事務職用の添付状の書き方があります。

事務職に転職を希望するなら事務職に向けての添付状を作成する方が良い添付状となるわけです。ここでは事務職に転職希望の方が添付状を作成するにあたっての、押さえておくべきポイントを挙げておきます。

添付状の一般的な知識を確認してから、それを踏まえて事務職に向けて、個別のポイントを押さえた添付状を作成し、転職活動で一歩リードできるようにしましょう。

【事務職に転職希望者の添付状の書き方・ポイント】

★一般的に、事務職は①専門職的な職務と、②ゼネラリスト的な職務とに分けられます。

①専門的な職務:
経理、財務などが挙げられますが、資格や実務経験などを述べて、自分の実務能力をアピールしましょう。
②ゼネラリスト的な職務:
総務、人事などの職などが挙げられますが、実務経験の豊富さをアピールすると良いでしょう。

★キャリアが短い、又は事務職未経験者の添え状は、以下の点に気をつけて記載するとよいでしょう

○事務職に関連する必要な資格を持っていることを記載する
もし、必要な資格を持っていない場合は、早急に資格取得の準備をし「現在資格取得準備中」と記載しておきましょう

○志望している企業と、その業務内容に関心がある旨記載する
その企業と、業務内容に大きな関心があり、そしてなぜそうなのか熱意を伝える

○「仕事」への熱意と意欲を伝える
キャリアアップの意欲があっての転職であることを強調しましょう